北千住の整体なら「こころ整骨院 北千住西口院・東口院」へ

骨盤が歪んでいるような感覚はありますか?

結構自分で「骨盤が歪んでいるから足の長さが違う」と仰る方は多いです。

歪むというより傾きやすい

そもそも骨盤は真ん中の「仙骨」と両サイドの「寛骨」の三つの骨がつながってできています。 それをつないでいる代表的な関節が仙腸関節と言います。 仙腸関節は関節と言えどもほぼ動かない関節です。動きの大きい人でも数ミリと言われています。 ですから多くの人が感じているのは骨盤自体の歪みというよりも、骨盤全体の傾きだったりするんです。

その場合に問題のある関節は股関節だったり骨盤の上にある腰椎(背骨の腰の部分)などが考えられるので、 背骨の整体治療などで矯正してあげると改善につながります。

 

大幅に歪んでしまうこともあるんです!

普段はほぼ動きのない仙腸関節も歪むほどに動いてしまうという例外が「妊娠・出産」です。 妊娠したり出産の前後には産道を広げて赤ちゃんが生まれやすくする必要があるので、「リラキシン」という靭帯を緩めるホルモンが分泌されます。

そのせいで骨盤に限らず妊娠・出産期には関節が緩んで動きすぎてしまう傾向にあるので、今までは大したことなかった作業でも手が腱鞘炎になりやすかったり、今までなかった膝の痛みが出たりということも起こりやすい時期です。

 

産後の治療が大事!

妊娠・出産期の靭帯の緩いタイミングで歪まないというのはよっぽど左右のバランスが良く、クセがない体の場合です。自分でそう言い切れる人もなかなかいないのではないでしょうか。

リラキシンによって緩んだ靭帯は6か月経てばまた元に戻ると言われています。 一度歪んだ状態のまま6か月経ってしまうとそのまま固まってしまうので妊娠出産を機に腰の痛みに悩まされたり、出産後にあぐらができなくなってしまったという方も実際にいました。そうなってしまうとニュートラルな位置に戻すのも難しくなってきてしまいます。

ですから、産後6か月というのはまだ骨盤の歪みを改善できる大事な時期なんです。 治療期間を考えるとできるだけ早めに開始できると効果も出やすいです。

 

 

産後の骨盤矯正の最適な時期は?

関節が緩んでる間に矯正を行うのが最適です。具体的には産後3カ月~6カ月がホルモンの影響により戻しやすいといわれてます。

産後の骨盤矯正をするなら3~6カ月にするのがいいですよ!逆に1カ月は出産による疲労があるため体を休めてください。

 

内臓を支える筋肉

体幹の筋肉の役割の一つとして内臓を支えるという機能があり、骨盤周りは上下左右前後と多くの筋肉で大事な内臓を包んで守っています。

その中でも特に大事な筋肉が「骨盤底筋群」です。 最近TVなどでも話題になっているので聞いたことがあるかもしれません。 骨盤底筋群とは骨盤を囲んでいる筋肉の中でも下の部分についている筋肉の総称です。

内臓を骨盤の下でハンモックのように支える機能があり、重力や内臓の重さがかかって負担がかかりやすい筋肉なんです。

 

骨盤のトレーニング

産前から産後にかけてお母さんの体は赤ちゃんを守るために骨盤の位置を自然に変えていくんです!

そして出産時には、赤ちゃんが通るために最大まで開きます。

骨盤の底辺にある”骨盤底筋群“は、出産に伴ってトラブルが起きやすくなります(;’∀’)

 

骨盤底筋群がゆるんだり、縮んで硬くなったりすると排泄のトラブルが起こったり、

子宮や膀胱などの内臓下垂や脱出が起こります。

骨盤を正しい位置に戻していくことと同時に骨盤底筋群をトレーニングでメンテナンスすることも重要です!!

 

こころ整骨院では、骨盤底筋群体操を指導させて頂いております!

出産後の骨盤は体を整えるチャンスです!!!!!(^^)

 

 

こころ整骨院 北千住(2院合同) PAGETOP